【Windows】クライアント認証の設定手順(Internet Explorer)

クライアント認証の機能、概要については、こちらをご覧下さい。

■ 共通操作

  1. 管理者ユーザでユーザページにログイン後「ユーザ」>「ユーザ」> クライアント認証を設定したい対象ユーザのアクションメニュー内「クライアント認証設定」をクリックします。

    __________2017-04-26_17.39.27_____.png

  2. 表示された以下画面にて「クライアント証明書の要求」欄の「有効にする」をクリックします。
    ブラウザから確認メッセージが表示されるので承認し次の手順に進みます。
    ※ 「有効にする」をクリックした段階で、対象のユーザは Jector にログインができなくなります。

    __________2015-06-04_18.09.01.png

  3. 「クライアント証明書」欄の「証明書を作成する」をクリックします。

    __________2015-06-04_17.53.31.png

  4. パスワードが自動的に生成されるので、コピーします。

    __________2015-06-04_17.54.11.png

  5. 「クライアント証明書」欄の「ダウンロードする」をクリックします。

    __________2015-06-04_17.54.11_2.png

  6. 「PC 用」をクリックします。



  7. ご利用のコンピュータ内にダウンロードしたクライアント証明書をダブルクリックし、
    設定を行います。
    ダウンロードされた証明書ファイルは、以下の様なファイル名となります。
    例 : "accountname.example.pfx"
     

■ ブラウザ毎の操作

  1. 証明書インポートウィザードが立ち上がるので「次へ(N)」をクリックします。



    ※ Windows 8 で以下の画面が表示された場合は「現在のユーザー(C)」を選択し
    「次へ(N)」をクリックします。


  2. インポートする証明書ファイル選択画面が表示されるので「次へ(N)」をクリックします。



  3. パスワード入力画面が表示されるので、クライアント証明書作成時に作成されたパスワードを入力し「次へ(N)」をクリックします。



  4. 「証明書の種類に基づいて、自動的に証明書ストアを選択する」を選択し「次へ(N)」をクリックします。



  5. 「証明書インポートウィザードの完了」画面が表示されたら「完了(E)」をクリックします。



  6. 「OK」をクリックし、証明書のインポートを終了します。



  7. ブラウザを再起動し、クライアント認証を設定したユーザでユーザページへログインします。

    ※ ログイン時、下記のようにインポートした証明書の確認画面が表示されるので
    「OK」をクリックします。



    ※ 複数の証明書を切り替えて Jector にログインする必要がある場合は、以下の設定を行い、
       ブラウザを再起動します。

    1. Internet Explorer の「インターネットオプション」をクリックします。




    2. 「セキュリティ」タブ > 「レベルのカスタマイズ」をクリックします。



    3. 「既存のクライアント証明書が1つしか存在しない場合の証明書の選択」を「有効にする」に設定し「OK」をクリックします。



    ※ 複数の証明書をダウンロードしている場合は、Jector へのログイン時に証明書の選択が必要です。
       以下のような画面が表示されるので、利用する証明書を選択してください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント