料金が負担になっている

JECTOR では、以下のセキュリティ機能を備えています。
無料サービスの場合、対応していない可能性が高い機能となりますので、
よろしければご参照ください。

・送信したファイル便の設定を後から変更できる
 ファイル便の閲覧開始・終了日時やパスワード変更等を、送った後でも編集できます。
 これにより、万が一違う相手に送信してしまったとしても
 後から閲覧不可にすることも可能となり、セキュリティに保険をかけることができます。

・ログ管理
 個人がそれぞれのアカウントを持ち、同じサービスを利用している仲間内で
 誰がいつどのフォルダ内で何をしたか把握・管理ができる機能です。
 ログイン情報やデータの閲覧時間もわかるので、報告に漏れがあっても
 気付くことができます。

・2段階認証
 毎回ログインの度に、通常のパスコードに加え、毎回取得が必要な認証コードを求められます。
 もしアカウントとパスワードのどちらも流出してしまった場合でも
 不正なログインをはねのけることができます。
 

また、JECTOR のアカウントには、ユーザ以外に「パートナー」や「ゲスト」
アカウントがございます。

ユーザ 1ユーザ3000円(税別)

管理者、一般ユーザとして登録できます。

パートナー

      

1ユーザ1500円(税別)  
ゲスト ユーザアカウントを1つ毎に、無料で5アカウントが付与されます。  

 

社外(外部)の協力パートナー数が多い際は、
「ユーザ」ではなく「パートナー」での運用をご検討いただけますと幸いです。
詳細につきましては、こちら からお気軽にご相談ください。


 

 



この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント