ゴミ箱について

不要なファイルやフォルダを削除すると、ゴミ箱に移動します。
ゴミは月別に表示され、最大表示件数は 100 件となります。
ひと月のゴミが 100 件を超える場合、非表示分は完全削除を行うことで表示されます。
※ 管理者の設定によっては、自動削除も可能です。詳細はこちらをご確認ください。

<ゴミ箱の表示方法>

  1. ユーザページから、グローバルメニュー内のプロジェクトアイコン > ゴミ箱を
    クリックすると、ゴミ箱の中身が表示されます。
    ※ ゴミ箱ページを月別に表示した際は、画面右側にファイル数が表示されます。

    __________2017-05-15_18.41.31.png


<ゴミ箱内のファイル/フォルダを完全に削除する>

  1. ゴミ箱内にある完全に削除したいファイル/フォルダのアクションメニューから
    「完全削除」をクリックします。



  2. 削除確認のダイアログが表示されるので「はい」をクリックします。
    ※ 完全削除が可能なのは管理者のみです。
    ※ ドラッグにより複数選択可能です。


<ゴミ箱のファイル/フォルダを元の場所に戻す>

 ゴミ箱内のファイル/フォルダのアクションメニューから「元に戻す」をクリックします。
 ※ ドラッグにより複数選択可能です。

  


<表示の切り替えについて>
上部メニューより、表示月の切り替えが可能です。月ごとに最大 100 件まで表示されます。


<表示中ファイルを元に戻す/完全削除>
表示月のファイルを一括で操作することが可能です。



表示中ファイルを元に戻す:表示月のファイルをすべて元の場所に戻します。元のフォルダが存在しない
             場合は、基本的にアップロード者のマイフォルダに戻ります。
表示中ファイルを完全削除:表示月のファイルをすべて削除します。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント